プロフィール

[名前]
井上俊彦
[略歴]
昭和39年2月17日鹿児島市生まれ
鹿児島県立鶴丸高等学校卒業後、上京。一浪して早稲田大学法学部に入学。二年留年して平成元年に卒業。塾講師、不動産業、旅行代理店業、和服販売業、フリーター等を経て、平成11年12月に税理士合格。平成13年5月税理士事務所を開業し、平成14年11月に移転、平成21年4月現在の事務所に移転。
[仕事のモットー]
誠実、熱意
[好きなもの]
ゴルフ。
野球(やるのも見るのも。ベイスターズファン。特に仁志が大好き)。
スポーツクラブで体を鍛えること。
人と知り合うこと。
人前でしゃべること。
飲むこと(ビール&芋焼酎)。
[性格]
社交的、楽観的、情熱的、陽気

税理士を目指す方へアドバイス

税理士試験合格のための10のポイント

  • 1.
    絶対受かるという信念を持つ。
    当たり前。一度志したら絶対合格しましょう。
  • 2.
    合格の具体的なイメージを持つ。
    税理士バッジ、自分の顔と名前が載った税理証票、自分の名前のついた事務所の看板など、できるだけ具体的な合格のイメージを明確に持ちましょう。
  • 3.
    勉強仲間を作る。
    勉強は一人でやるものですが、仲間がいると刺激にも支えにもなります。わからないことを教えあうこともできます。
  • 4.
    専門学校の先生を最大限利用する。
    授業では一番前に座り、わからないことは積極的に質問し、先生に名前を覚えてもらうことです。絶対にプラスになります。
  • 5.
    税法は理論をためない。
    諸説あるでしょうが、計算は追い込みがききますが理論はそうはいかないと思います。絶対にためずに、しかも一度覚えた理論は引き続き覚えていくことをお勧めします。
  • 6.
    勉強はまとめてより細切れ。
    一日のんびりして夜まとめてやるよりも、朝30分、昼30分、夜1時間の方が効果的です。
  • 7.
    苦手を作らない。
    勉強をしている中で必ず苦手なところはでてきます。そんなところでも、何とか人並みくらいにはできるように、苦手を克服する心がけが大切です。ここが出たらアウト、というところがあってはいけません。
  • 8.
    ヤマをかけない。
    ヤマをかけてそこを特に集中してやる、というならけっこうですが、ここは出ないだろうという発想はやめた方がいいと思います。
  • 9.
    科目を絞る。
    税理士は息の長い職業です。早くなる方がいいに決まっていますが、焦ることはありません。一年一科目で十分だと思います。
  • 10.
    当日は最後まであきらめない。
    本試験ではものすごく緊張します。でも最後の一分一秒まであきらめずにがんばりましょう。あなたができないと思っても、他の人はもっとできないかもしれませんから。