前者・後者

2017年2月 7日

 

最近ポッドキャストで聞いている番組の一つが心屋仁之助さんの「ホントの自分を見つけるラジオ」。

私はあまり、というかほぼ全く、自分の生き方に迷うということはない人間なので、自分の生き方のヒントを求めて聞き始めたわけではありません。

世の中にはいろんなことに迷っている人がたくさんいるということがわかるだけで十分、場合によってはそういう人に何かアドバイスができたらいいな、くらいの気持ちで聞き始めたのですが、意外なことに私も大きな発見をしました。

この方、人間を二種類のタイプに分けていろいろアドバイスをされます。(この方私と同じ歳。大活躍されてすごい)それが、「前者」と「後者」。以下、あくまでも私の理解ですが、

「前者」は、子供の頃からそつなく何でもすぐできて、お利口さんとかしっかり者と言われて育ってきた優等生タイプ。

「後者」はいわゆる天然ボケで、真面目に話したり行動しているのに周りに笑われたり驚かれたりするタイプ。後者の中には、なんでもこなせて働き者の前者に憧れ、自分もがんばろうと思って「前者アプリ」を積んで努力を重ね、自分は前者だと思っている、思いたい人もいますが、後者は後者らしく、気ままに生きればいい。逆に前者の中には、さぼってばかりいるのにちょっとしたことで回りを笑わせ(笑われて?)人気者になる後者に憧れて馬鹿なふりをする人もいますが、前者は結局ずっと真面目にやる運命。血液型の性格判断には全く興味がない私でも、おーこれはなかなか当たってるということが多くて、妻に聞かせたところ、妻はひどく納得、というか絶句した様子。つまり、自分(妻)は前者で、この人(私)は後者(もちろん、ふだんは前者アプリを積んでいることが多いのです)。好き勝手な後者男と結婚した以上は前者として一生面倒を見るしかないと悟ったようです。(ちなみに、前者、後者というのは文脈の中でそういう表現をしている中でそう呼ぶようになったんだそう)

前者=長男・長女に多い?とか、南国の人は基本後者?とか、いろいろなあるあるが出てきそうです。みなさんも一度自己判定をして、人間関係を理解するヒントにされてはいかがでしょうか?

 

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

私事ですが、11月に脳梗塞一歩手前の状態に、12月には自転車に乗っていてトラックに当て逃げされて、2か月連続で救急車のお世話になり、人生初の入院も体験しました。

人一倍健康には気を使っているつもりで、食べすぎもせず運動もして人間ドックも受けていても、健康でいられるとは限らない。当たり前のことですが身に染みました。

おかげさまで今はほぼ回復して、普通に生活できています。やはり私は幸運の男です。

 

平成29年はこんな年にします。

素晴らしいスタッフやお客様、取引先様と元気に働ける幸せを改めてかみしめながら一日一日を大切に。そして、頭と体を研ぎ澄ませて、当事務所と契約いただいているお客様のご発展のために全力を尽くします。

野球とゴルフもまだまだ上手くなれるはず。そう信じて精進します。

年に何度か旅行にも行きたい。美味い物を食べて、いろいろなものを観てみたい。

中でも楽しみなのは、新しい人と出会うこと。仕事でもプライベートでも、何人の人に出会えるか?自分と違う仕事をしている人、違う考えの人、違う世代の人、もちろん、気が合う新しい友人でもできたらとても素敵。

 

皆様はどんな年にしたいですか?私たちにお手伝いできることがあれば、お手伝いします。もちろん、全力で!

 

今年も井上俊彦、そして井上俊彦税理士事務所をどうぞよろしくお願いします。

 

平成291月吉日

井上俊彦税理士事務所 井上俊彦

 ゴールデンウィークに花やしきに行ってきました。近くに住んでいるのに子供たちを連れて行ったことがなかったので、一度は連れて行ってあげたいと軽い気持ちで花やしきに行きました。私も数十年ぶり。
 着いたとたん、混んでいるのが目に飛び込んできました。「あれ、花やしきってこんなに混むとろこだったっけ?」入口近くの小さなメリーゴーランドに約40分、カエルぴょんぴょんに約1時間。。暑さもあり、すぐに大人はバテバテ。。。
 
 人ごみを避けようと屋上に上がってみました。
そこはほとんど人もいなく、清々しい風が通り抜けていました。そして大発見!なんと、浅草観光地の全てが写真に納まるベストショットポイントでした。
「1.スカイツリー、2.五重塔、3.アサヒビール本社ビル」その3つをバックに記念写真がバッチリ取れます。あまり知られていない穴場ですよ。
 
 それから昔懐かしの望遠鏡(100円入れると見られるタイプ)が1つ置いてあるのですが、次女がお金を入れずに覗いていたら「おー、見える見える。」と言い出すではありませんか。まさか、と、半信半疑で覗いたらスカイツリーの展望デッキと展望回路が目の前に。そこにいるお客さんが1人1人わかるほどはっきり見えました。
 旦那が望遠鏡の覗きながら大きく手を振っていたので、「あっちからこっちが見える訳無いじゃん。」とツッコミを入れたのは言うまでもありません。
でも、思わず手を振りたくなる近さなので、行ったら是非望遠鏡を覗いてみてくださいね。
1.jpg それから、お土産コーナーの「パンダカー」グッズが秀逸。
あの、園内をゆっくり歩く昔からお馴染みのパンダ。そのパンダカーがレトロ感あふれるデザインでポップで可愛いグッズになっていました。
 バンダカー学習帳、パンダカーストラップ、パンダカーブックカバーetc どれもこれも可愛かったけど、家へのお土産は「パンダカー手ぬぐい」と「パンダカーライター」にしました。手ぬぐいは家の玄関に飾っています。これ考えたデザイナー天才だね。
 ひとしきり遊んで帰るとき、出口で「本日は混んでてごめんなさい!入園無料券」を1人ずつ手渡してくれました。有効期限は2ヶ月ほどなので実際に行くかどうかはわからないけど、その思いがけないプレゼントに出口で思わず笑顔になりました。
 「やるね!花やしき!」

 数十年ぶりに行った花やしきでしたが、思わぬ発見ができた1日となりました。ちなみに「びっくりハウス」というアトラクション、現存する日本最古のアトラクションですよ。子供の頃に楽しかった記憶で今回乗ったら、三半規管やられました。。年取ったことをも実感できた発見続きの1日になりました。


ライター.jpgのサムネール画像

入場券.jpgのサムネール画像






新たな一歩

2016年4月 9日

この度、向日葵が中学生になりました。 

私が事務所にお世話になり初めた頃は、向日葵もまだ3才で年少さんでした。

子供の成長は、本当、早い‼︎‼︎   もう、中学生かぁ〜って思いました。

向日葵は、これから、部活を頑張りたいようで、空手は辞めないけど今までの様には、やらないと卒業式の帰りに、

本人からの決意を聞きました。  

親としては、少し寂しい気持ちや、もったないなぁ〜って思ってしまう気持ちもありましたが、

向日葵は向日葵の人生なので、私は全力で応援、サポートをしよう‼︎と決めました。

そして、私自身も、向日葵に負けないよう、初心に戻り、頑張ろう‼︎

毎日、めちゃめちゃ楽しい最高の1日にしよう‼︎

と決めましたので、今後とも、よろしくお願いします。

IMG_0300.jpg

いよいよ開幕!!

2016年3月22日

プロ野球シーズン到来です。

オープン戦、神宮球場に行ってきました。カープは去年のリーグ覇者ヤクルトに8対1の快勝。ビールも美味しかった~。

つばくろう.jpg


マエケンがアメリカに行ってしまって、大瀬良君も故障と前途多難なカープですが、オープン戦はリーグ2位で終了。去年ほど期待されていない分、のびのびとできて、意外といけるんではないかと思う私。

カープICOCAもゲットして、今年も応援がんばるぞ~!!

ICOCA.jpg

駅伝💦

2016年1月12日

19日に早稲田駅伝に参加しました。

野球チームで5人×2チームで参加したのですが、走るのがすごく苦手なので

すごくドキドキしていて、事前練習として12日に練習のため近所を走ってみたりしました。12日に箱根駅伝をみて、倒れ込みながらタスキを渡している学生を見て頑張らないと思ったので()。レベルが違いすぎるし私の走る距離2キロなんですけどね・・・。

当日はとっても穏やかに晴れていて、会場の夢の島のグラウンドに到着すると早稲田大学の旗がたくさんはためき、出店も出ていてお祭りみたいで気分が楽になりました。

 

早稲田駅伝では色々なレースがあり、最初はヨチヨチの子供と親が手をつないで走るレースや小学生と親が一緒に走るレースが行われました。

ヨチヨチの子供はスタートのピストルの音で泣いてしまってお母さんが抱っこして走っていたり、小学生は親よりも早く走っている子もいて見ていて面白かったです。

 

そして私達が出るレースが始まり少しドキドキ不安になりました。歩いちゃうんじゃないかなぁという不安なんですけどね。なんせ走るのすごい遅いし、嫌いなんで。なんで参加するって言ったかなぁと思うんですけど・・・()

私は第3走者。スタートして皆早い事早い事・・・。前のめりに走ってる人いっぱいでした。全速力でも追いつけない感じ。いよいよ私の番になりタスキをもらって。まずはグラウンド内を走ります。仲間の前を通るときはまだ余裕で手を振ったりしてましたが、あっという間に「辛い~」「苦しい~」と心で泣き言をいいながら走りました。どんどん抜かされて私が一番遅いのかもって思いながら走っておりました。途中子供たちが頑張れ~と言ってタッチをしてくれてそこから早く走れたのが不思議でした。やっぱり応援って力になるんですねぇ。第4走者は主人だったので主人の姿を見てまた力を出して早く走れました。

練習では2キロを15分もかかっていたんですが、当日は1157秒で走ることができて大満足!駅伝はみんなの応援も楽しいし、応援してくれると嬉しいし、きついけど面白い。

早稲田駅伝は応援する人との距離がとっても近いので来年も参加したいと思います。

ekiden.jpg



あけましておめでとうございます。


旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。


2016年はどんな年になるのでしょうか?私は世界の状況がいい方向に向かうイメージが湧きません。


秋にはアメリカ合衆国の大統領選挙があります。トランプ候補が万が一勝つようなことがあれば一体世界はどうなる?リオ五輪は無事に終わるのか?ISはいつまでおぞましい戦いを続けるのか?シリアを始めとする難民の問題は?頻発するテロは?今年、世界は激動の年になると思います。


一方、日本は?5月に伊勢志摩サミット、7月には参議院選挙があります。消費税率引上げの是非を問うために衆参同日選挙という憶測も根強くありますね。それが憲法改正につながるかも。私個人は消費税率引上げは見送った方がいいし、憲法はまっとうな形に変えるべきだと考えています。激動する世界、その中で日本はどうやって平和と経済的な繁栄を守っていくのか。政治家の責務が非常に重要な年になるでしょう。最近の感情的、情緒的なマスコミの報道姿勢には強く違和感を覚える私としては、浮ついた世論に流されることなく、有権者として貴重な一票を少しでも有効に行使したいと思います。


とはいえ、私は税理士。政治的な発言をすることが本分ではありません。私が守るべきは顧問契約をしていただいているクライアント様であり、事務所のスタッフです。そのためには、税務や周辺の事象により習熟し、かつ強い信念を持って時にはクライアント様に耳の痛いことを言える存在でいなければなりません。私とスタッフ、そのために日々研鑽を続けることをここに誓います。私は今、力がみなぎっております。井上俊彦税理士事務所と顧問契約をしていてよかった!必ずお客様にそう言わせる一年にします。


井上俊彦税理士事務所を今年もどうぞよろしくお願いいたします!


平成2814


井上俊彦税理士事務所 所長井上俊彦


お猿さん.jpg


















今年はカープ

2015年4月27日

3月の終わりに広島に帰省しました。1427789071958.jpg広島といえば、広島東洋カープ。黒田の男気復帰。新井の阪神からの復帰。マエケンの残留。最高の状況に、広島は盛り上がってましたよ~。
電車はカープに塗られ、コンビニに行けば、カープの缶コーヒーに菓子パン。ショッピングモールはカープグッズ。うちの近所のスーパーに至っては、特設コーナーに、カープのティッシュ、ワカメ味噌汁、スパゲティ、珍味、缶酎ハイ、麦茶、お赤飯、なんでもあり。
あれからひと月。
あれ?まさかの最下位?!
そりゃ、簡単に行ったら面白くありません。
いつもは鯉のぼりまでのカープと言われていましたが、今年はこれから。
本当に今年はカープから目が離せません。
野球に興味の無いひと、ごめんなさい

P_20150328_193648.jpg
P_20150328_233024.jpgP_20150329_175444.jpgのサムネール画像のサムネール画像

初めまして。昨年の9月に入社しました永住直樹です。

同じ9月に宮崎より家族(妻、息子(1歳))で引っ越してきました。

そんな私たちが最近感じていることは「富士山」を身近に感じることです。

富士山は日本を象徴する山ですが、宮崎に住んでいると「富士山」=「東京へ向かう飛行機(上りの座席は左窓側が人気です)の中から見るもの」という印象であり、見る機会はそんなにありません。

 ですが、東京に住んでいるとほぼ毎日富士山を眺めることができます。

先日、首都高速から見えた富士山は絶景でした。雪に覆われた富士山が奥にそびえており、手前には南アルプスの山々がはっきりと見え、運転しながらも見とれてしまいました。

そんな富士山には3年前に登っていますが、初登頂ということもあり、酸素の薄さから体力的にきつく、景色を楽しむ余裕がありませんでした。

次に挑戦するときは息子を背負い、景色を楽しみながら登りたいと思います。

 

富士山.JPG

 

※写真は富士山頂で雲の合間から一瞬みえた日の出を撮影したものです。

はじめまして

2015年1月13日

昨年6月から井上税理士事務所のパート採用になりました佐藤雅子です。
娘が小5と小2になり、「そろそろ仕事したいな~」とインターネットで仕事検索していたら、
「1日2時間~週1日~OK」という、私にもできそう…と思わせる文言が!
子供が成長したとはいえ、まだまだ放っておけない年齢なので、時間の融通がききそう
だな。と思ったのが、申し込むきっかけになりました。

結婚を機に前の仕事を辞めてから仕事をするのは約11年ぶり。
長いブランクがありましたが、採用条件欄には「ブランクOK」とありました。
「おぉ、やっぱりここしかない!」と思い、エントリーボタンをポチっと。

それからすぐに由起さんからメールが来て、履歴書を送り面接をする事になりました。
事務所で所長夫妻と面接をしました。
眼力鋭い所長(まっすぐなそうな人だな。力強い。)と、ニコニコ微笑む由起さん(笑顔が優しい。癒される。)
と思いながら面接が進んでいき、「簿記の経験や経理の経験はありますか?」と聞かれました。
(∑(゚д゚; )ガーン や、やばい。。なーんも経験ないじゃん。)
そうなんです。税理士事務所にパートに申し込んだくせに、簿記の勉強したことがありませんでした。
今考えてもよく応募したな。と不思議ですが、なんか運命的なものを感じて「今エントリーボタンを押さなきゃ」と
思った事を思い出します。

「それが…全く経験ありません。こ、これから勉強します。頑張ります。(パソコン触るのは好きですよ|ω・*)コソット)」
頑張るの押し売りをし、やる気だけをアピールして面接は終わりました。

面接が終わってから、(そうだよね、経験者たくさん面接来てるよね…)と思いながらトボトボ家路に着きました。
でも、そうは言っても井上税理士事務所で仕事がしたい。どうしても。。
メールで「一緒に仕事させてください。」と送り、あとは採用の電話がかかってくるのを待ちました。

数日後所長から採用の電話がありました。
「やった!私働ける。」

何も経験のない私を採用してくれて所長夫妻に感謝です。
その分、採用してよかったと思われるようにがんばろう。

それから半年経ちました。
少しずつ岡田さんに教えてもらい、仕訳が分かり始めているこの頃です。
私が入力したものをチェックし、優しく教えていただけるのでありがたいです。
まだまだ無知ですが、ミスがなくなるように頑張っていきます。

現在、週3回短時間で働いています。
最初の募集要項の通り、時間を融通してもらえたり、年齢が近い女性の多い職場なので
話に花が咲いたり、お菓子を頂いたり、所長にビールを頂いたり♪
楽しく働かせてもらっています。