自動詞と他動詞

2020年3月10日

引き続き英語をがんばって勉強しています。

この歳になって今さらわかったことがあります。日本人が英語を学ぶ場合、自動詞と他動詞の違いを把握することが大事だということ。

たとえば、runという動詞があります。意味、ご存知ですか?

「走る」ですね。もう一つ、習った意味がありますよね。そう、「経営する」です。

私はずーっと、runには「走る」という意味と「経営する」という意味があると暗記していました。ただそう覚えていただけです。塾講師や家庭教師として子供たちに教えるときも、そう覚えさせていました。

しかし、runにこの二つの違う意味があるわけではなく、自動詞として使うか、他動詞として使うかの違いがあるだけなんです。

I run in the park every morning. 俺は毎朝公園を走る。

これは自動詞。自分で走るから。

My dad runs this restaurant. このレストラン、私のパパが経営してるのよー。

これは他動詞。パパがこのレストランを「走らせてる」から。

どうでしょう?意味は同じなんです。自分でやるか他のものにやらせる(作用させる)かの違いがあるだけ。

Marry me. 結婚してください。他動詞ですね。結婚する、日本人の感覚では自動詞っぽいですよね。 そもそも日本語には自動詞他動詞の区別が明確にない気もしますが。「結婚する」が他動詞って、なんだかおもしろくないですか?

Let’s discuss about the problem. (その問題について話し合おう)我々日本人が作りがちなこの文、間違いです。おわかりでしょうか?discussは他動詞だから目的語に直接作用するので、aboutが余計なんです。日本人にはとてもわかりにくいところですよね。

Let’s discuss the problem. これが正解です。

では

I walk my dog in the park every morning.

これは?そうです。私は毎朝公園で犬を散歩(させる)ですね。他動詞です。

これを教えてくれたのは、もちろんラジオ英会話の大西泰斗先生です。

もっと早くわかっていれば、はるか昔に教えていた中高生にもっと上手に英語を教えられたのですがねー。「時を戻そう」ぺこぱのようにはいきませんから無理ですが・・・

 

人生まだ長い。まだ学べる。みなさん、なんでもいいので学びましょうね。伸びしろはまだまだあります!

tetsu.jpg


ポケトーク

2020年1月27日

井上君、一粒万倍日と天赦日が重なる日、それが今年は2回(1/226/20)もあるんだよ、これはすごいことなんだよ、と高校の先輩に教えられました。何かを始めるにはこんなにいい日はないんだそうで。(ちなみに、一粒万倍日は「一粒の籾が何倍にも成長して大きな利益をもたらす日」、天赦日は「暦の上で最上の吉日」だそうです。)そういったことに全く興味がない私ですが、今回ばかりは乗ってみることに。

妻と相談し、ポケトークを買うことにしました。そう、最近明石家さんまさんのCMでもおなじみのあれ、携帯用のAI翻訳機です。

使い方はきわめて簡単。ボタンを押しながら日本語をしゃべると、瞬時に英語をしゃべると同時に、テキストでも表示してくれます。英語だけではなく、数十の言語に対応しているとのこと。主語などの省略をたくさんしてしまうとおかしな文になることもありますが、相当正確で、通常の会話をするのには困らないレベルです。

これは驚きました。この小さい機械にそんな機能が、と驚いたこと自体が古いようで、実際の「脳」はクラウド上にあり、通信をしながら最適な翻訳を探し出すそうです。時間的なギャップもほとんどなく、しかも常にブラッシュアップしてより正確な訳をするように改善されるそうなのですから、本当にすごい。

AIというものの進化を初めて実感しているところです。

今のところは、いろいろな日本語を英語でどう言うのか、勉強するために使っていますが、近いうちにその辺を歩いている外国人を捕まえて使ってみようと思います。またご報告いたします!



ポケトーク1.jpg








読書

2020年1月 9日

私は常々、情報のインプットにいそしんでおります。

平日は毎朝、録画しておいた前日のワールドビジネスサテライトを見て、仕事の前に日経新聞に一通り目を通し、筋トレ中はダウンロードしておいたポッドキャスト(「飯田浩司のOK!Cozy up!」、「伊藤洋一のRound Up World Now!」、「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」といった、ニュース、経済解説、小ネタ等)を聞き、トレッドミルでのランニング中は同じくダウンロードしていたテレビ東京ビジネスオンデマンドの番組を見て、空いた時間にNHKのラジオストリーミングでラジオ英会話のお勉強、dマガジンでいろいろな週刊誌も見ますし、火曜日には週刊ゴルフダイジェスト(あ、そういえば近々撮影があり、私があるゴルフコーチのレッスンを受ける様子が掲載されます。興味のある方はお楽しみに!)でゴルフに関する情報を入手、さらに日経の広告で気になった新刊書をキンドルでぽちっと即買いして読む。(最近読んだ、税理士の古田土先生が書かれた「会社を潰す社長の財務!」という本は大変勉強になりました。

仕事柄、必要だからやっている面もありますが、もともと(自分で言いますが)知的好奇心はある方なので、どれも楽しみながらやっています。

ただ、やっぱり「役に立つ」ことだけやってるのはよくない。最近つくづくそう思い始め、手始めに久しぶりに小説を買ってみました。ちなみに浅田次郎の「大名倒産」という本です。(内容が仕事に関係ある気もしますが(苦笑))これが実に面白い。夜、焼酎を飲みながらゆっくりと読んでいるのですが、なるほど、こういう「特に必要ではない」時間を楽しむことも大事なんだと実感している今日この頃です。考えてみると、ゴルフ、野球は一生懸命やっているのですが、体を動かさない余暇の楽しみ方も少しずつ増やそうと思う令和二年の1月であります。


NPS.jpg

あけましておめでとうございます。

令和二年、西暦2020年が始まりました。

今年は東京オリンピック、パラリンピックが開催され、世界中から日本が注目される年になるでしょう。と言っても、私と妻はチケットを持っているわけでもなく、大会・競技の興奮は結局テレビで見ることになりそうです。それでも、自分たちの住んでいる街で行われる高揚感はきっと感じられるはず。非日常を存分に楽しむとともに、日本選手はもちろん、各国選手の健闘を祈りたいと思います。

私の目標。仕事については毎年全く変わりません。クライアント様の事業の発展に寄与すること。そのために自分を含めて事務所のスタッフ全員の知識、スキルの上昇には引き続き務めて参る所存です。

次は健康。昨年は概ね健康に過ごせましたが、年の暮れにまさかのインフルエンザA形にり患。気がついたらあっという間に高熱になり、その後も喘息状態にバトンタッチされて実は今でもその症状が。とにかく風邪を引くと喘息になりやすい体質なので、風邪を引かない生活を心がけたいと思います。そのために、筋トレ50%ランニング50%だったトレーニングを、筋トレ40%タンニング60%くらいの比率に変えて、より無駄のない体づくりにシフトしようと思っています。昨年はインフルエンザで達成できなかった年間600km走破を、720kmに引き上げて実現を。

ゴルフは今年こそシングル、そして、クラブ選手権の予選通過を。必ずや成し遂げます。

そしてもう一つ、手帳を手書きのものに戻しました。スマホでのスケジュール管理を一年試してみましたが、便利なのは確かなのですが、考えること、それをアウトプットすることがひどく少なくなったように感じたため、以前からのほぼ日手帳に戻しました。何か変わるはずです。

今年は56歳になります。まだまだ働き盛りです。がんばります。

みなさまもどうぞ幸せな一年を!

ネズミ年.JPG

 

 

井上俊彦税理士事務所 井上俊彦

鹿児島つながり

2019年12月 5日

先日、お客様の社長と二人でと飲みました。新橋で。

特に店を決めていたわけではなく、ぶらぶら店を探していて見つけたのが「かご」。鹿児島料理の店です。何度か足を運んだこともあり、ここで飲むことに。

店に一歩足を踏み入れればそこはもう鹿児島。きびなご、さつま揚げ、黒豚のしゃぶしゃぶ、豚味噌など、鹿児島料理がメニューに並び、ずらりと揃ったボトルは当然芋焼酎。そして鹿児島弁と標準語が交互に行きかいます。私はもちろん鹿児島弁を話しますが、東京出身の社長さんには半分くらいは意味不明のご様子。時折標準語に「通訳」しながら、故郷の味を堪能しました。ちなみに、この店のご主人は鹿児島出身で元ヤクルトスワローズの選手だった上水流さんという方で、今でも高校野球やプロ野球の関係者が顔を出されるようです。

後日、今度は同郷の、かつ大学の同窓生との忘年会を浅草橋の「ふたみ食堂」で。ここは初めての訪問でした。私の高校の後輩で大学の同級生の弟の友達が開いたお店。もちろん鹿児島色満載です。ただし、一緒に働いている奥様は東京の方。(私と同じパターンです)店内では、ご主人と話すときは鹿児島弁、奥様には標準語、という私得意のバイリンガルな会話を楽しみました。こちらもとっても美味しい鹿児島料理が味わえます。

両店とも鹿児島県人はもちろん、そうでない方にも是非お勧めしたい名店です。ぜひご利用ください!

リース.jpg

応援も楽しい

2019年10月 1日

ラグビーワールドカップが日本で開催されています。

日本は初戦のロシアを撃破し、続いて、世界でもトップクラスの実力を持つアイルランドを堂々と力でねじ伏せ、またもや世界を驚かせましたね。私はテレビの前で涙を抑えられませんでした。

今週末、10/5にはわがベイスターズがセリーグのCSファーストステージ初戦に登場。今季ベイスターズ戦を20試合観戦した私は当然現地で応援予定。試合が終わったら急いで家に帰ってラグビー日本代表をテレビで応援します。

自分で体を動かすのが子供の頃からずっと好きな私ですが、応援するのも大好き。自分には到底真似ができない力、技、パフォーマンス、チームワーク、そしてそれを応援している人たち。どれも見ていて最高に楽しい。もちろん、負けて悔しい思いも数知れずしますが、それも含めて応援。

「応援が力になりました」選手が必ず言う言葉ですよね。本当のことだと思います。

選手の力になれるよう、全力で応援します。今年の秋は応援の秋です。

hamasuta1.JPG











夏休み(*^-^*)

2019年9月 5日

北海道に行ってきました。

実は昨年も北海道旅行を予定していたのですが、出発当日にあの地震が発生して急遽中止に。ちょうど1年たち、再度北海道旅行を計画したわけです。

初日は昨年予約していて行けなかった「鮨・肴匠 くりや」さんへ。札幌の中心からは少し離れた住宅街にありました。北海道ならではの新鮮な魚介、大将の徹底した味へのこだわりに心底感動。カウンターだけ、それも最大8人のお店で完全予約制、しかも一回転のみという潔さにも脱帽でした。小食の私たち夫婦には終盤が少々苦しいものになりましたが、美味しかったので完食。必ずまた行きます。

2日目は苫小牧の樽前カントリークラブへ。以前プレイしたことがあり、その時の印象がとてもよかったので再訪となったわけですが、こちらは今回の旅行の唯一の失敗。コースのメンテナンスにコストをかけていないのか、フェアウェイの芝が伸び放題。ラフも伸び放題。(ラフは伸びていていいんですがね、それにもほどがあるだろうと言いたくなるレベルです)フェアウェイ真ん中に飛んだ妻のボールがいくら探しても見つからず、ロストになるという珍事まで発生しました。私はいつも目土袋を持って穴を埋めながらプレイするのですが、あまりにも穴が多くて途中でばからしくなってやめました。ハーフターンの茶屋では、お握りを頼もうとしたら梅一択。しかも一つしかないという有様。それで平日2サムとはいえ二人でほぼ4万円のお勘定。日本女子オープン開催という昔の金看板に胡坐をかいているのでしょう。天気がよかったのとかわいいキツネを見られたのでよしとしますが、ここにはもう行きません。

狐.jpg

3日目、小樽の青の洞窟を見るツアーに参加。出発の施設がとても清潔感があり、トイレもきれい。服が濡れないためのカッパや、携帯を入れるためのジップロックを配ったり、船上では船長が乗船客全員のスマホで撮影をするというサービスもあったりで心配りが完璧。海もきれい、風も気持ちいい、洞窟も青い、最高の体験でした。

青の洞窟.JPG







その後は旭山動物園へ。途中、ネットでとても評判のよかったカフェ「スヌス」で昼食を取ります。店内はおしゃれ、オーナー?らしき女性もバイトの女の子もきれいで笑顔が素敵、そして目当てのパンケーキはふわふわでかつふわふわ過ぎず最高に美味い!妻が最高の朝食として有名なビルズのパンケーキより美味いと断言していました。東京にあったら週一で通いたい。

パンケ.jpgのサムネール画像


旭山動物園は期待通りの楽しさ。ペンギンは愛らしく、手長猿の動きは内村航平の鉄棒をはるかにしのぎ、妻の大好きな猛禽類も間近で見られ、レッサーパンダは鉄板のかわいさ。9月の平日というのにかなりの人手なのも納得です。ただ、私は動物園自体が正直苦手。野生の動物を勝手に捕まえてきて織の中に閉じ込めて。エサはただでもらえるから楽だけど。私には動物たちが自分の運命を嘆いているように感じられて、かわいいよりかわいそうという気持ちが勝ってしまうのです。

最後は新千歳空港でジンギスカンを食べて北海道旅行は終わり。空港のレストランなのにとっても美味しくて満足でした。

旅を通じて感じたこと。

今はSNSの時代。あまりにもそれを重んじる風潮もどうかと思いますが、自分の知らないところでちゃんとがんばっている人を知ることができ、実際にそこに行ってお金を落とすことでその人を応援できる。そういう意味では、昔にはなかったいいツールですね。反対に、ちゃんとがんばっていない人にとっては致命傷にもなりかねませんが。

もちろん、自分はどうなのか?そこは常に自問自答しながら、クライアント様の利益、幸福の追求の手助けをするために何ができるか、努力を続けなければと誓った旅でした。







うれしいお葉書

2019年8月 2日

先日、所属する船橋カントリークラブで行われたコンペに初参加してきました。船橋カントリークラブには多くのサークルがあり、そのサークル対抗の大会があったりと盛んに活動が行われているのです。私はまだ入会して半年ほどでどのサークルにも所属していなかったのですが、たまたまロッカーが背中合わせだった方とお話をしているうちにそのサークルに誘われ、参加することになったのです。当日は私よりベテランの方3人とのラウンド。とても楽しく、気持ちよくプレイをされる方々で、おかげで私も45.40とスコアはそこそこながらもパーをたくさん、バーディーも二つ取るといういいゴルフができました。

うれしかったのはその後。同じ組でプレイをした方から、ハガキをいただいたのです。その方は仕事を引退後、趣味の絵かきを毎日楽しみ、個展を開かれるまでになったとのこと。若いころに描いていた理想的な生活を今過ごせていて、神に感謝の日々で、人生とは年を取るごとに楽しいことがあり面白いものだと。井上さんと一緒に回って、久しぶりのアスリートゴルフを間近に見られて楽しかった、シングルになる素質は十分だからがんばれと。年金問題で何やら暗い老後が話題になる昨今、こんなシニアがいらっしゃること、本当に素晴らしいですよね。そんな方に褒められたのもうれしかったし、私もそんな老後を迎えられるようにがんばろう!と心に誓いました。ちなみに。はがきは絵葉書。絵はその方の作品。それはそれは素晴らしいものでした。美術的センスがゼロに等しい私でも素敵な絵だなと思えるもの。描いた方が幸せだからそういう絵になるんでしょうね。今も机の上に飾ってあります。素敵な老後を暮らそう!それを見て日々思っています。

ゴルフ.jpg



この写真は船橋カントリー

クラブではありません

(#^.^#)


メルカリ

2019年7月18日

半年ほど前からメルカリを利用しています。買ったことは一度もありません。売る専門です。私は買い物が大好き。当然モノは増える一方。妻の視線も気になっていた頃、クライアント様のお一人から、メルカリで古いブーツとかジージャンを売っているとの話をお聞きしました。しかもけっこういい値段で売れるとのこと。やり方も簡単だし、やってみれば?と言われてにわかにその気に。まずは大量にだぶついてたゴルフ用のバイザーの処分から始めてみました。メルカリのアプリをスマホにインストール。あとは言われるがままにいろいろなデータを入力し、あっという間に販売可能な状態に。最初のものを撮影、販売開始して順次アップを始めたところ、その途中ですでに最初のものが購入されたとの知らせが。後でわかってきたのですが、どうも最初の値段設定が低すぎたということもあったのか、送料や手数料を引いたら赤字でした。ですがあまり使わなくなったバイザーは全て処分できました。

最近も新しいゴルフクラブを買う資金作りのために古いクラブを売却したり、フル活用しています。業者に売る値段の1.5倍から2倍くらいの値段で売れますから、やらない手はないですね。

ただ、一消費者としてみればいいことかもしれませんが、経済全体としてはプラスなのかマイナスなのか?新しいものを買う人が減り、消費が落ちる点は間違いなくあるでしょう。ただ、私のように古いものを売ったお金で新しいものを買う人も一方ではいるわけで。モラル的なことを言えば、使われなくなったものがそのまま埋もれずに次の人に使われるというというのは間違いなく「いいこと」。ただ、経済の成長のためにいいことかどうか?一定の成長を終えた日本のような国においては、大量生産、大量消費というサイクルはもう回らなくなるに決まっています。メルカリだけでなくネットオークション、アマゾンなどのネット販売でモノの値段は上がらない。政府、日銀がこれだけがんばっても物価が上がらないのも仕方ないのかもしれません。 物価が上がらないのは経済全体としてはよくないこと、学問的にはわかっているつもりですが、個人としてはなんとかして安く買うために努力を惜しまない。

経済の面では過去になかった局面に日本は来ているのかもしれませんね。


優勝しました!

2019年6月23日

6/9日曜日、昨年からメンバーになっている船橋カントリークラブの月例競技が行われ、私は前半38、後半44の合計82というスコアで初優勝をすることができました。

ゴルフというスポーツは相当に奥が深く、上達すべきことが非常に多い上に、一つ一つが本当になかなか上達しない、そして上達したと思ってもまた元に戻る、そしてついに本当に上達したと思っても本番になるとそれができなくなる―そんなスポーツなのです。やったことがある方ならおわかりいただけると思いますが。ただ、このスポーツの厄介なところは、上手くいった時(ドライバーがフェアウェイの真ん中を遠くまで飛んで行った時、アイアンがピシッと当たってグリーンに着弾した時、アプローチが絶妙にピンに絡んだ時、長いパットがコロリンと入った時)の快感がものすごく大きい。だからやめられないのです。何度もやめようと思うのに。

そのゴルフを、もしかしたらものにできるかも。ゴルフを始めてもう20年にもなろうという今日この頃、そんな手ごたえがあるのです。かなりの確率でナイスショットが出るようになり、ミスをしても大きなミスが出なくなってきたのです。

シングル入りもおそらく遠くない、そんな自信があります。近いうちに月例2勝目、シングル入りのご報告もできると思います。

そうそう、ゴルフをしている方のために。最近新しいPINGのドライバーに替えたのですが、やばいですよ。曲がりません。曲がらないと思って安心して振れるので結果的に距離も出ます。一度お試しを。

DSC_0000_BURST20190623231345813.JPG